ビジネスサイト成功への第一歩 ドメイン取得

ビジネスサイト成功への第一歩 ドメイン取得

ドメインとは、インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子のことであるが、ドメイン(URL)は単なるホームページの住所を示す記号ではありません。自社のウェブサイトに顧客を誘導するための重要な看板であり、広告塔です。

一般的にホームページにアクセスする手段は三通りあります。Yahoo! JAPANやGoogleのような検索サイトでキーワードを入力し、表示される検索結果のリンクをクリックしてホームページに来る場合、ほかのウェブサイトに張られたリンクをクリックしてアクセスしてくる場合、そして、ブラウザのアドレスバー入力欄に直接ドメイン(URL)を入力して訪問する場合です。

覚えやすいドメインでダイレクトアクセスを増やす
自社のウェブサイトになるべく多くの人に来てもらうには、これらのアクセス手段をなるべく多く用意するということです。しかしながら、検索エンジンの検索結果の上位表示にはSEOを実行する必要がありますし、ほかのウェブサイトにリンクを張ってもらうには時間がかかります。一方で、顧客にドメイン名を覚えてもらって直接アドレスバーに入力してもらえれば、ホームページにたどりつくアクションが減り、ダイレクトにウェブサイトを見てもらえます。

ブランディングの重要な要素

「会社名.co.jp」と「会社.co.jp/商品名」
一般的に会社のドメインは「会社名.co.jp」にすることが多いのですが、会社のドメインとは別に「商品名.jp」のように自社製品の専用サイトという位置づけでブランド展開している企業が多くあります。一方で、「会社.co.jp/商品名」のように自社サイト内にて商品紹介を行っている企業もあります。

「商品名.jp」には、商品名を直接消費者に浸透させるブランディング効果があり、ブランドのイメージに合ったデザインを用い、独自のプロモーションが展開できます。「会社.co.jp/商品名」の方は社名と商品名を関連付けて覚えられるメリットがありますが、デザイン上の制約を受ける場合があります。

ドメインでブランド戦略を
会社名や商品名のブランド戦略をどのように考えるかでドメインの役割が変わってくるわけです。なお、ドメイン名は安価に取得できるため、「会社名.co.jp」の他に「商品名.jp」のようなドメインを取得すれば、アクセスの間口を広げることになるかもしれません。

紛らわしいドメインや日本語ドメイン

打ち間違え
ドメイン名は一般的にアルファベットの文字列です。そのためキーボードで入力する際に打ち間違えるというケースが少なくありません。特に造語やハイフンを入れている場合は特にです。そのため、打ち間違えやすいスペルでもドメインを登録したり、「.com」や「.jp」など複数のトップレベルドメインでドメインを取得するとよいでしょう。「.co.jp」のように法人組織でしか取得できず、複数取得することができないものもあります。

「日本語.jp」
また、「日本語.jp」のようなドメインは入力間違えが起きにくく、視認性が高いと思われるので検討してもよいかもしれません。

一刻も早く取得すべきドメイン

ドメイン取得経過年数
一般的に新しいウェブサイトは外部からのリンクが少ないため、なかなか検索結果に反映されません。また、Yahoo! JAPANやGoogleといった検索エンジンはドメインの取得経過年数を加味して検索結果を返しているというような話もあります。ドメインが古ければ上位表示されるというわけではありませんが、一度取得したドメインは長く使うのがよいようです。

ドメインは早い者勝ち
また、簡単で読みやすいドメインは多くの場合すでに取得されています。そのため、覚えやすいよいドメインを思いつき、ドメインが取得されていないことを確認したとしても、世界中の誰かがいつの間にか取得してしまうかもしれません。ドメインは安価で取得できるので、思いついたらとりあえず取得しておくことをお勧めします。

ドメイン取得に関してぜひご相談ください。
料金やお見積はこちらから
お客様のご要望に応じたお見積を即座にご提示いたします。
その他、何なりとお問い合わせください。
WordPressで会員制サイトやネットショップを作成するなら、WordPressのプラグイン販売サイト CMS×WP で便利なプラグインをご利用ください。